光計測用光学機器と光計測システムのシナジーオプトシステムズ

製品の概要 
赤外高分解能型FFP計測光学系 M-Scope type FHR

FFP計測光学系 M-Scope type F

赤外高分解能型FFP計測光学系 M-Scope type FHRは、光学系+画像処理方式による放射角度(FFP:ファーフィールドパターン)計測光学系です。専用光学系+2次元画像センサにより、リアルタイムで放射角度分布像の取得が可能です。InGaAs高感度近赤外検出器 ISA041VHとの組合せにより、光通信波長帯の1310-1550nm帯で計測角度画素分解能0.1°の高精度FFP計測が可能です。

光ファイバや光導波路等の各種光通信用デバイス・光モジュール、Siフォトニクスデバイスの高精度FFP計測や出射N.A.計測に応用可能です。

当社製光ビーム解析モジュール AP013との組み合わせによるFFP計測システムの構築も可能です。

製品の特長

  • 赤外域用高分解能型FFP測定光学系+画像処理方式によるFFP(ファーフィールドパターン)像のリアルタイム計測
  • 長作動距離設計により、ワーキングディスタンスは約6mm
  • 光センサセレクション VGA型InGaAs高感度近赤外検出器 ISA041VH(専用)
  • 計測角度画素分解能:0.1°
  • 計測角度範囲:約±32° x ±25.6°

製品の応用

  • 赤外半導体レーザや各種赤外レーザデバイスのFFP計測 ・出射N.A.計測
  • 光通信用光ファイバのFFP計測 ・出射N.A.計測
  • 光導波路のFFP計測 ・出射N.A.計測
  • SiフォトニクスデバイスのFFP計測 ・出射N.A.計測
  • 各種光モジュール・光学モジュールののFFP計測 ・出射N.A.計測

製品の主な仕様

計測方式 専用光学系(f-θレンズ光学系)方式  
ワーキングディスタンス 約6mm ±0.8mm  
減光方式 フィルタポートへの減光フィルタ(NDフィルタ)挿入方式
(最大2枚まで同時挿入可能)
 
カメラマウント Cマウント  
計測角度範囲 使用センサ 計測角度範囲 計測波長対応域
ISA041VH 約±32° x 25.6° 1300-1600nm
計測角度画素分解能 使用センサ 計測角度画素分解能 計測対応波長域
ISA041VH 約0.1° 1300-1600nm

製品の構成

標準構成品 赤外高分解能型FFP計測光学系 M-Scope type FHR

  • 赤外高分解能型FFP計測光学系本体 1式
  • 光学系保持固定用架台 1式

オプション

関連製品情報

データ処理・解析装置

  • FFP計測装置
    • FFP計測光学系 M-Scope type Fと光ビーム解析モジュールを組合せたFFP計測・解析装置です。
  • 光ビーム解析モジュール AP013
    • 光ビームの計測・解析装置です。PC・光ビーム計測・解析ソフトウエア・検出器ドライバ・補正データ等がセットになっておりますので、さまざまな光ビーム計測・解析が可能です。

その他の光計測用光学系

追加情報

カタログダウンロード