光計測用光学機器と光計測システムのシナジーオプトシステムズ

製品の概要
NFP/FFP同時計測装置

NFP/FFP同時観察計測装置は、NFP計測(近視野像観察)とFFP計測(遠視野像観察)を同一の光学系で実現した装置です。従来、NFP計測とFFP計測は別々の専用光学系を用いて計測する必要がありました。当社製NFP/FFP同時計測光学系 M-Scope type Dを使用することで、光学系の交換をすることなくNFP/FFPの同時計測が可能となります。

当社製各種画像検出器・光ビーム解析モジュール AP013との組み合わせにより、さまざまな光デバイスのNFP計測・光ビーム形状観察や光ビームプロファイル計測・解析に使用することができます。

光検出器の選択により、400nm~1700nm波長帯でのさまざまなシステム構築が可能です。

特長

  • NFP/FFP同時計測光学系 M-Scope type Dを使用。
    • NFP計測(近視野像計測)とFFP計測(遠視野像計測)を単一光学系で同時計測可能
  • 専用光学系と画像処理によるリアルタイム計測
  • FFP計測時のワーキングディスタンスは約17mmの超作動距離。
  • 光検出器の選択により、400~1700nm波長域測定に対応可能
  • 解析装置・光ビーム解析ソフトウエア・検出器ドライバ・補正データがセットになった 光ビーム解析モジュール AP013
    • オールインワンパッケージで導入後直ちに使用が可能。
    • 光ビームプロファイル計測用に開発された光ビーム計測・解析ソフトウエア Optimetrics BA Standard
      • 当社が光ビームプロファイル計測用に独自開発した画像処理・解析ソフトウエア。
  • 高いシステム拡張性
    • 各種精密位置決めステージとの組み合わせによるシステムアップが可能。
    • 各種自動精密位置決めステージ・画像処理との組み合わせにより、調整工程の自動化にも対応可能。

応用

  • 各種光デバイス・光モジュールのNFP/FFP同時計測
  • 各種光導波路の出射端面NFPと放射角度分布(N.A.)の計測
  • バタフライモジュール第一レンズ(コリメータレンズ)・第二レンズ(集光レンズ)の実装調整やビーム品質の評価等

コンポーネントセレクションと装置構成

ブロックダイヤグラム

装置の基本構成

オプション

  • 対物レンズ(NFP/FFP同時計測時の対物レンズは50倍固定となります。)
    • FFP計測用対物レンズ:50倍(固定)
    • NFP計測用対物レンズ:各種対物レンズが使用可能です
  • 光学系本体オプション
    • 2倍中間レンズポート MS-OP011-RL2
      • 光学系の総合拡大倍率を2倍にする中間レンズユニットです。100倍対物レンズとの組合せで最大200倍の光学倍率になります。
    • 1/2倍中間レンズポート MS-OP011-RLH
      • 光学系の総合拡大倍率を1/2倍にする中間レンズユニットです。
    • 着脱式落射照明ポート MS-OP011-CEP
      • ハーフミラー着脱式の同軸落射照明ポートです。測定の際にはハーフミラーを外すことができます。
  • NDフィルタ
    • 可視用(400-700nm):NDF-5
    • 近赤外用(700nm-1100nm):NDF NIR-5
    • 赤外用(1310nm-1550nm):NDF IR-5
      • NDフィルタはこちらをご参照ください。
  • 同軸落射照明装置
    • 可視~近赤外用:同軸落射LED照明装置
    • 赤外域用:赤外ハロゲン同軸落射照明装置
      • 同軸落射照明装置はこちらをご参照ください。
  • 光学系用架台
    • 光ファイバ測定用光学系架台
    • 縦型光学系設置架台
      • 光学系用架台に関してはこちらをご参照ください。
  • ソフトウエア:ご要求により、自動調整機能、自動計測機能等特注ソフトウエアの開発・実装が可能です。

カタログダウンロード