光計測用光学機器と光計測システムのシナジーオプトシステムズ

製品の概要
モード選択励振光学系 M-Scope type ML

モード選択励振光学系 M-Scope type MLは、測定光源の特定モード(特定入射角成分)を選択的に被測定光ファイバに導入する特殊励振用光学系です。

モード選択励振ポートを調整することにより、照射角度を変更して測定光を照射することができます。観察カメラポートを装備していますので、照射スポットの位置・照射スポットサイズを画像により直接観察することができます。

当社製NFP計測装置、FFP計測装置、エンサークルドフラックス/エンサークルドアンギュラーフラックス計測装置との組合せ使用により、さまざまな励振状態下での光ファイバの光学伝播特性の測定・解析が可能です。

特長

  • 特定モードのみを選択的に照射・励振が可能
    照射光のモード選択と変更が容易に可能。これにより、特定の入射角度成分のみを持つ励振光で光ファイバ・光配線導波路等の光学特性や伝播特性の解析が可能。
  • 照射位置の同軸観察が可能
    照射位置観察用カメラポートを搭載。同軸観察カメラを装着することにより、照射位置や照射状態、照射径を直接観察可能。
  • 当社標準光源の他、さまざまな種類の光源が使用可能
    当社標準の850nmSLD光源 LSS002/850の他、LED光源、LD光源、SLD光源等さまざまな種類・波長の光源選択が可能。

応用

  • マルチモード光ファイバ(MMF)、プラスチック光ファイバ(POF)等各種光ファイバの励振条件による損失や伝播特性等光学特性の測定
  • ポリマー光導波路等の光配線導波路の励振条件による損失や光学伝播特性等光学特性の評価
  • その他、マルチモード光デバイスの光学・伝播特性の解析評価

製品の主な仕様

照射N.A. 照射N.A. : 0.1-0.6の範囲で連続可変
照射幅(N.A.換算) 約0.05 / 0.1(マスクの交換による)
観察光学倍率 約2.95倍
観察視野 約2.17mm x 1.63mm(1/2インチCCDカメラ使用時)
光源入射部コネクタ FCコネクタ

製品の構成

モード選択励振光学系 M-Scope type ML

  • 光学系本体 1式
  • 光学系保持固定用架台 1式
  • 同軸観察用ビデオ出力型CCD検出器(本体・電源・接続ケーブル) 1式
  • ビデオモニタ 1式

オプション

  • 高出力・低コヒーレント 850nm SLD光源
    • 850nm広帯域SLD光源です。中心波長は850nm±20nm、半値全幅約20nmの温調付高安定・広帯域光源です。詳細はこちらをご参照ください。
    • その他の光源に関してはこちらをご参照ください。
  • NDフィルタ
    • NDフィルタはこちらをご参照ください。
  • 光学系用架台
    • 手動5軸ステージ付 光ファイバ測定用光学系架台
    • 光学系用架台に関してはこちらをご参照ください。

外観図面

外観図面 M-Scope type ML

関連製品情報

光ビーム計測・解析装置

技術情報

カタログダウンロード