光計測用光学機器と光計測システムのシナジーオプトシステムズ

製品の概要

対物レンズは、用途・計測対象・使用波長・分解能等により、さまざまな種類の対物レンズ選択が可能です。

可視域用には、超作動距離設計のM-Plan Apoシリーズを推奨しています。

近赤外域用には、近赤外域での波長透過率に優れ、480-1800nm域での色収差補正型のM-Plan Apo NIR対物レンズを推奨します。

また、分解能と開口数が改善された、高分解能型対物レンズ M-Plan Apo HR対物レンズも選択できます。

対物レンズセレクション

無限遠補正対物レンズ M-Plan Apoシリーズ

  • ミツトヨ製 無限遠補正光学系
  • 超作動距離設計
  N.A. W.D.(mm) 焦点距離(mm) 分解能(μm) 焦点深度(μm)
M-Plan Apo 5倍 0.14 34.0 40.0 2.0 14.0
M-Plan Apo 10倍 0.28 33.5 20.0 1.0 3.5
M-Plan Apo 20倍 0.42 20.0 10.0 0.7 1.6
M-Plan Apo 50倍 0.55 13.0 4.0 0.5 0.9
M-Plan Apo 100倍 0.7 6.0 2.0 0.4 0.6

高分解能タイプ 無限遠補正対物レンズ M-Plan Apo HRシリーズ

  • 高分解能・高開口数型
  N.A. W.D.(mm) 焦点距離(mm) 分解能(μm) 焦点深度(μm)
M-Plan Apo HR 10x 0.42 15.0 20.0 0.6 1.55
M-Plan Apo HR 50x 0.75 5.2 4.0 0.3 0.5
M-Plan Apo HR 100x 0.9 1.3 2.0 0.3 0.3

近赤外用無限遠補正対物レンズ M-Plan Apo NIRシリーズ

  • 480nm~1800nm波長帯の色収差補正型対物レンズ
  N.A. W.D.(mm) 焦点距離(mm) 分解能(μm) 焦点深度(μm)
M-Plan Apo NIR 5x 0.14 37.5 40.0 2.0 14.0
M-Plan Apo NIR 10x 0.26 30.5 20.0 1.1 4.1
M-Plan Apo NIR 20x 0.40 20.0 10.0 0.7 1.7
M-Plan Apo NIR 50x 0.42 17.0 4.0 0.7 1.6
M-Plan Apo NIR 100x 0.50 12.0 2.0 0.6 1.1

高分解能タイプ 無限遠補正対物レンズ M-Plan Apo NIR HRシリーズ

  • 480nm~1800nm波長帯の色収差補正型対物レンズ
  • 高分解能・高開口数型
  N.A. W.D.(mm) 焦点距離(mm) 分解能(μm) 焦点深度(μm)
M-Plan Apo NIR HR 50x 0.65 10.0 4.0 0.42 0.65
M-Plan Apo NIR HR 100x 0.7 10.0 2.0 0.39 0.56

対物レンズの倍率と実視野・画素分解能の目安(参考)

当社センサ ISA011 ISA031 ISA041H2
種類 高精度デジタルCCD検出器 干渉縞対策ガラスレスCCD検出器 InGaAs高感度近赤外検出器
画素サイズ 1/2inch 2/3inch(8.97mm x 6.71mm) 6.4mm x 5.12mm
画素数 1392 x 1040 1392 x 1040 320 x 256
倍率 実視野(mm) 画素分解能(μm) 実視野(mm) 画素分解能(μm) 実視野(mm) 画素分解能(μm)
5x 1.28x0.96 0.92 1.8x1.3 1.29 1.28 x 1.024 4
10x 0.64x0.48 0.46 0.898x0.67 0.645 0.64 x 0.512 2
20x 0.32x0.24 0.23 0.449x0.335 0.323 0.32 x 0.256 1
50x 0.13x0.10 0.093 0.18x0.134 0.129 0.128 x 0.1.024 0.4
100x 0.06x0.05 0.043 0.0898x0.067 0.065 0.064 x 0.0512 0.2
  • 画素分解能:センサ1ピクセル相当の長さ。上記は、実視野サイズを画素数で割って求めた計算値です。
  • NFP光学系の2倍中間レンズポート(オプション)を装着した場合は、上記対物レンズの2倍相当の実観察倍率(例:10倍対物レンズ使用 x 2倍中間レンズポート使用 = 実観察倍率20x相当)として計算します。

カタログダウンロード