光計測用光学機器と光計測システムのシナジーオプトシステムズ

製品の概要

光インタコネクション分野のさまざまな光応用計測に最適な、850nm帯の高出力・低コヒーレント光源です。

光源には高出力タイプ850nmSLD(スーパールミネッセンスダイオード)を採用、約2mW(APC-SMファイバ端)の高出力を実現しました。また、素子温調により高い安定性を有します。

光配線導波路の損失測定や受光素子の光感度測定等、光インタコネクション分野のさまざまな光デバイス・光モジュールの計測に応用が可能です。

特長

  • 高出力SLD(スーパールミネッセントダイオード)を採用した広帯域・高出力型低コヒーレント光源
  • 中心波長は850nm±20nm、半値全幅約20nmの高帯域光源。
  • 素子温調により、電源投入1時間エージング後、1時間でtyp.0.5%以下、12時間でtyp.2%以下の高い出力安定性。

応用

  • ポリマー光配線導波路の挿入損失測定用光源
  • 光配線導波路・光ファイバの伝播特性の評価用光源
  • 受光素子の光入射による光学特性の測定用光源
  • その他、光インタコネクション分野の各種光デバイス・光モジュールの光学特性測定用光源
  • その他、汎用用途光計測用近赤外光源

主な仕様

光出力 約2mW(APC-SMファイバ出射端)
光出力方式 FCコネクタ出力
光源 850nm高出力型SLD(スーパールミネッセントダイオード)
光源中心波長 850nm±20nm
波長幅 20nm(半値全幅)
出力安定性 typ.0.5%以下(1時間エージング後の1時間)
typ.2%以下(1時間エージング後の12時間、室温環境下)
電源 AC100V±10%、50/60Hz

製品の構成

高出力・低コヒーレント 温調付安定型850nmSLD光源 LSS002/850 標準構成品

  • 温調付安定型850nmSLD光源 LSS002/850 本体 1式
  • 電源ケーブル 1本
  • 電源キー 1本

カタログダウンロード