光計測用光学機器と光計測システムのシナジーオプトシステムズ

製品の概要

小型SM出力LD光源 LSL011シリーズは、SMF(シングルモード光ファイバ)出力型の小型・簡易型LD光源です。

電源一体型筐体でセットアップも簡単、電源投入で直ちに使用可能です。市販の各種LDを搭載、さまざまな波長やパワーの選択が可能です。また、外部TTLトリガ入力によるパルス発光も可能です。

特長

  • 一体型筐体・SMファイバ出力型で、電源投入で直ちに使用可能。
  • UV・可視域・赤外域の幅広い波長選択が可能
  • 温度制御による高い出力安定性・波長安定性
  • 外部TTLトリガによるパルス発光機能

応用

  • 光ファイバ・光学モジュール・受光素子等の光素子・光学部品の特性測定や検査用光源
  • 光導波路等の挿入損失測定用光源
  • その他、汎用簡易型レーザ光源として

製品の主な仕様

波長の選択

ピーク波長(nm) 375 405 445 473 488 520 635 660 785 850 980 1064 1310 1550 1620
波長公差(nm) ±5 ±5 ±5 ±5 ±5 ±10 ±10 ±10 ±10 ±10 ±10 ±10 ±10 ±10 ±15
最大出力パワー(mW) 1 1 10 10 10 10 5 10 10 10 10 10 10 10 4
出力パワー安定度(%) ±1 ±1 ±1 ±1 ±1 ±1 ±1 ±1 ±1 ±1 ±1 ±1 ±1 ±1 ±1
モードフィールド径(μm) 2.9 2.9 2.9 3.5 3.5 3.5 4.0 4.0 5.0 5.0 4.2 4.2 9.0 9.0 9.0
N.A. 0.12 0.12 0.12 0.13 0.13 0.13 0.13 0.13 0.13 0.13 0.14 0.14 0.13 0.13 0.13

共通仕様

素子 SMファイバ結合FP-LD
ファイバ長 50cm以上
出力光コネクタ FC/PC
駆動制御 ACCおよび温度制御
パルス発光機能(532nmを除く) TTL入力(ハイ:オン、ロー:オフ)最大繰返し>1kHz
電源 AC100-240V 50/60Hz 0.3A
寸法・重量 60(W) x 50(H) x 120(D)mm/400g 突起物含まず

構成品

  • 小型SMファイバ出力LD光源 LSL011シリーズ
    • 小型SMファイバ出力LD光源 本体 1式

カタログダウンロード