光計測用光学機器と光計測システムのシナジーオプトシステムズ

(FILE No. A2-2) 850nmLD光源を使用してマルチモード光ファイバの出射端NFPを測定する

アプリケーションの概要

マルチモード光ファイバ出射端面のNFP(ニアフィールドパターン)を観察します。光源には850nmLD光源を使用します。NFP計測光学系は当社製高機能型NFP計測光学系 M-Scope type Sを使用、対物レンズはM-Plan Apo 20倍を使用します。検出器は、当社製高精度デジタルCCD検出器 ISA011を使用します。

測定系

測定系のブロック図

測定系の構成

測定結果


850nm LD光源を使用したマルチモード光ファイバ出射端NFPの観察画像と測定結果を左図および下記に示します。

  • 幅計測
    • 水平方向 52.342um / 垂直方向 52.940um(1/e幅)
  • 測定条件
    • 総合倍率:20倍(対物20)
    • 画素分解能:0.2325um
    • 暗電流補正:有
    • 積算回数:8回

また、上記条件にて取得したNFP計測画像から求めたエンサークルドフラックス計測結果を左図および下記に示します。

  • EFグラフ
    • 左図をご参照ください
  • 条件
    • 中心:面積重心
    • 基準解析範囲設定:30um
    • 解析半径係数:1.15
    • 解析ピッチ:0.1um
    • バックグラウンド処理:有(係数1.2)

測定系構築の機器選定のポイント

  • 光学系の選定
    • 光学系は当社光ビームNFP計測光学系 M-Scope type Sを選択しました。また、マルチモード光ファイバコア径が50um程度のため、対物レンズはノーマルタイプの20倍を選択しました。この結果、実観察視野が約約324umx242um、画素分解能が0.233umとなります。
  • 検出器の選定
    • 検出器は、測定波長が850nm近傍で分解能が高いことから、当社高精度デジタルCCD検出器 ISA011を選択しました。

追加情報・関連情報